検査時の注意事項

巡回健診で尿・便検査を受けられる方

  • 尿は、必ず健診当日の朝に採取した尿を持参してください。
  • 便は、健診当日を含む3日前に採取した便を持参してください。
  • 巡回健診日に尿・便を提出することが出来ないときは、後日、平日午前9時から11時の間に健診センター3階へ提出してください。

巡回バスの胸部X線検査

  • 妊娠中の方は、撮影できません。
  • 無地のTシャツを着用している場合、そのままで撮影が出来ます。
    ただし、金具・ボタン・刺繍・カップ等付いている場合は、撮影出来ません。

巡回健診で血液検査を受けられる方

  • 午前の健診 判定を正確に行うため、前日の午後10時以降は、絶食でお願いします。お茶や水など、カロリーのない水分補給は支障ありません。なお、血圧等の薬を飲んでいる方は、検査当日も飲んでいただいて結構です。
  • 午後からの健診 朝食は軽食(おにぎり1個またはパン1個程度)で、昼食は絶食でお願いします。お茶や水など、カロリーのない水分補給は支障ありません。なお、血圧等の薬を飲んでいる方は、検査当日も飲んでいただいて結構です。

マンモグラフィ検査を受けられる方

    次に該当する方は、検査を受けられませんので、ご確認ください。

  • 豊胸手術をされている方
  • ペースメーカーを装着されている方
  • 妊娠中の方
    ※検査の際は、制汗剤やパウダーなどを付けないでください。パウダーなどが付いたままで撮影されますと、がんのサインに非常によく似て写ることがあります。自己検診等をして異常を感じたら、検診を待たずに医療機関で受診してください。

眼底検査を受けられる方

  • 撮影にあたり、ハードコンタクトレンズは外して下さい。ソフトコンタクトレンズは撮影可能ですが、眼底検査では外していただきます。該当する方は、コンタクトレンズケースを持参下さい。

眼底検査で判定不可(能)との結果がでている方

  • 瞳孔が充分に開かない方は、判定をつけられないことがあり、このような結 果が出ます。「瞳孔を開かせる目薬(散瞳薬)」を使用すると正確な結果が出ますが、他の検査への影響等もあり、当センターでは使用していません。眼科を受診し、再検査を受けられることをお勧めします。

胃内視鏡検査を受けられる方

  • 診断結果をより正確に期するため、医師の判断でインジコカルミンという色素剤を使う場合があります。無害で安全性も高く、これを使用することにより病変が目立つようになります。使用後の尿や便が青色に着色することがありますが、心配はありません。
    ただし通常の健診料に加え、保険診療分(自己負担分)が発生する場合があります。