放射線科

放射線科 医師スタッフ紹介

 
岡田 幸法Y. Okada
資格
  • 放射線科専門医(治療)/研修指導者
  • 核医学専門医
  • PET核医学認定医
  • 肺がんCT検診読影医
  • 検診マンモグラフィ読影医
  • 癌治療認定医
  • 内科認定医
  • プライマリケア学会認定医/指導医
  • 医学博士
  • 聖マリアンナ医科大学 放射線医学講座
  • 鈴鹿医療科学大学放射線技術科学科客員准教授
  • 東北大学サイクロトロンラジオアイソトープセンター非常勤講師

放射線科のご案内

放射線科医の業務について

放射線科医の業務内容には大きく分けて⓵画像診断、⓶放射線治療、⓷IVR(インターベンショナルラジオロジー)があります。現在伊賀市立上野総合市民病院には放射線治療の装置がなく、放射線科常勤医も2018.04より不在となったためIVRも施行していません。主に画像診断を行っています。

画像診断というと聞きなれないかもしれませんが、体内の構造に関する情報を様々な方法を用いて収集して再構成するとともに、その中で異常部位を見つけ、診断を行う方法です。画像診断では患者さんに対する侵襲はほとんどないため安心してください。現在当院で施行している画像診断の中には⓵単純X線写真、⓶マンモグラフィ、⓷消化管透視、⓸骨塩定量、⓹超音波検査、⓺CT、⓻MRIがあります。現在放射線科医はマンモグラフィ、CT、MRIの読影を行っています。放射線科医は数ミリ(0.5mmなどの場合もあります)単位で細かく撮影された画像を隅から隅まで観察し、その所見を読影レポートとして記載し、担当医に報告します。この経過を読影といい、放射線科医の主たる業務内容の1つとなっています。現在常勤医が不在であり、週1回(金曜日)非常勤医が来院するとともに、遠隔にて画像診断を行う体制となっています。複数の医師が遠隔画像診断を行っています。なお金曜日来院している岡田は三重県伊賀市(旧伊賀町柘植)出身であり、縁あって2019.04より担当させて頂いています。

当院の特色としては⓵MRIを用いた中枢神経系の評価、⓶MRIを用いたDWIBS(全身拡散強調画像)、⓷救急画像診断があります。2019.03末よりMRIの装置がPhilips社製 Ingenia 1.5Tに変更となりました。このMRIの特徴としては従来のMRIでは困難であった脳血流の評価が可能となった点です。このため脳卒中や認知症の診断精度の向上が期待されます。また、常勤医不在のため2018.04よりPET検査が中止となっていますが、DWIBSという方法を用いるとPETと非常に類似した画像を得ることができます。DWIBSではがんの部位に細胞が多く、その動きが制限されていることを画像化してがん細胞を描出することができます。PETでは放射線被ばくを伴いますが、DWIBSでは放射線被ばくを伴うことなく、がんの部位を描出することができます。すなわちDWIBSは発展段階であるものの、PETと同等あるいはがんの種類や性質によっては置き換える可能性も秘めている検査法です。詳しい情報を希望の方はお問合せ頂けますと幸いです。また、伊賀市立上野総合市民病院では月曜日、水曜日、木曜日の日中、隔週火曜日の夜間、毎週金曜日の夜間、隔週の土曜日日中夜間に救急医療を行っています。救急医療は重症な患者さんが搬送されますが、その疾患も多岐にわたっております。救急医療では画像診断の有用性が強調されていますが、救急対応が必要な患者さんであることからその診断は正確かつ速やかに行わなければなりません。当院では2018.04より救急時に放射線科医が現地あるいは遠隔読影を用いて夜間でもオンタイムで読影し、レポートを発行する救急画像診断を行っています。これより患者さんの診断を速やかに行うことが可能となっています。

他方、画像診断は放射線科医だけで行うことができるわけではありません。患者さんを担当する主治医、事務、実際に画像を撮影する診療放射線技師がいてはじめて成り立つ業務ですので、相互にコミュニケーションをとりながら常に一番よい方法を検討しています。また、検査を依頼頂く医療機関の先生方との連携も重要です。今後より一層医療連携をすすめていく予定です。不明な点などがございましたらお問い合わせ頂けますと幸いです。

当院の後ろ向き追跡調査へのご協力のお願い

当院では、認知症の精査目的に当院において頭部MRI(Ingenia 1.5T)にて検査を行った症例を対象として、下記のとおり研究を行っています。

  • 課題名:認知症が疑われる症例における頭部MRI所見およびVSRAD所見の検討
  • 目的:認知症の診断には医師の診察に加え頭部MRIが使用されている。頭部MRIによる認知症の診断には視覚的評価に加えVSRADを用いた評価も併用されている。VSRADはVoxel Based Specific Regional Analysis System for Alzheimer`s Diseaseを略したものであり、正常者のデータベースと比較することにより脳萎縮の程度を自動的に測定し、その萎縮の程度からAlzheimer型認知症の可能性を算出することができる。近年ではVSRADを発展させたVSRAD advanceも使用されている。VSRAD advanceではAlzheimer型認知症を示唆する指標に加えLewy小体型認知症を示唆する指標も使用することができる。しかし、Alzheimer型認知症を示唆する指標とLewy小体型認知症を示唆する指標の関係については不明瞭な点が多い。特にAlzheimer型認知症の可能性が示唆される症例においてLewy小体型認知症の可能性が示唆される指標がどのような値を示すか不明な点が多い。本検討の目的はAlzheimer型認知症を示唆する指標とLewy小体型認知症を示唆する指標の関係について検討を行うことである。
  • 実施責任者:岡田幸法
  • 実施機関:伊賀市立上野総合市民病院
  • 症例対象となる期間:2019年3月1日〜2019年10月30日
  • 抽出項目
    ❶年齢
    ❷性別
    ❸臨床所見
    ❹頭部MRI所見(拡散強調画像、T1強調画像、T2強調画像、FLAIR画像、
     SWI画像(磁化率強調画像)、ASL画像(Arterial Spin label:脳血流画像)
    ❺頭部MRA所見
    ❻VSRAD所見

本研究は、後ろ向き追跡調査であり患者様の診断治療や、研究に関連した制限が加わることはありません。収集したデータは「個人情報管理者」が管理を行い、収集したデータは容易にアクセスできないように放射線科内の鍵がかかるキャビネットに保管します。

また、取得した個人情報についてはカルテより抽出した際に、氏名、患者IDを削除し症例登録番号を新たに付けて個人が特定できないように匿名化を行った状態で解析します。公表の際、個人が特定されることはありません。

つきましては、頭部MRI所見等の利用にご承諾いただけない患者様は、お手数ですが、下記にご連絡ください

〒518-0823 三重県伊賀市四十九町831
伊賀市立上野総合市民病院 放射線科
研究責任者 岡田幸法
電話:0595-24-1111

スタッフ

常勤

非常勤

岡田 幸法