腫瘍内科

腫瘍内科 医師スタッフ紹介

田中光司先生
田中 光司K. Tanaka
卒業
平成5年【三重大学】
専門
外科、腫瘍内科
職名
院長
放射線科部長
大腸肛門病センター長
資格
  • 日本外科学会 外科認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・指導医
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本食道学会 食道科認定医
  • 日本小児外科学会 小児外科認定医
毛利智美先生
毛利 智美T. mouri
卒業
平成5年【福井医科大学】
専門
乳腺外科・一般外科
職名
外科部長
乳腺センター長
資格
  • 日本外科学会 外科専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本乳癌学会 認定医・専門医
  • 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・指導医・評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医
  • インフェクションコントロールドクターICD(外科感染症学会推薦)
  • アメリカ外科学会フェロー(FACS)
  • 日本臨床外科学会 評議員
 
小田 裕靖H. Oda
 
奥川 喜永Y. Okugawa
 
都築 則正N. Tsuzuki

スタッフ

常勤

田中 光司(院長)
毛利 智美

 

非常勤

小田 裕靖
奥川 喜永
都築 則正

認定施設

日本臨床腫瘍学会 認定研修施設
日本癌治療認定機構 認定研修施設

専門医

当施設には
日本臨床腫瘍学会 癌薬物療法専門医 3名(常勤1名 非常勤2名)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 5名(常勤4名 非常勤1名)が在籍しています。外来および入院で質の高い治療を提供できるよう努めさせていただきます。

診療科の特徴

腫瘍内科では固形癌(血液癌以外)に対して癌薬物療法(抗がん剤)治療を行っています。
とくに大腸癌、胃癌などの消化器癌について積極的に治療を行っており、癌薬物療法だけでは治らない進行した癌についても免疫栄養療法などを行ったり、また外科や消化器内科とも協力して質の高い長期の生存期間の延長、そして根治の可能性を目指して日々診療にあたっています。

また癌薬物療法だけでなく、がん終末期の緩和医療の患者様も診させてもらっています。

伊賀地域の皆様がより安心してがん診療が受けられるようにソフト・ハード両面の整備を進めていきたく存じます。

2018年度当院の経静脈的がん薬物療法延べ数

2018年度当院の経静脈的がん薬物療法延べ数

研究情報公開について(オプトアウト)

臨床研究 「がん通院患者の食事支援システムの開発」

臨床研究により新しい治療法を確立することは基幹病院の使命でありますが、患者様のご協力によりはじめて成し遂げることができるものです。伊賀市立上野総合市民病院では、治療時に学術研究に対する説明を担当医が行い、上記研究にご同意していただける方には「学術研究に対する説明書および同意書」に署名をしていただいてきました。

このような研究活動の基礎になるのが、実際に当科を受診された患者様の診療録(カルテ)や検査結果の情報です。患者様の診療録に記録されている各種の臨床情報、検査結果、生理検査、治療内容と経過などの医学情報は、病気の解明や上記システムの有用性追求のために大変貴重なものです。そこで、過去に当院を受診された患者様を対象として、診療録に記録されている情報を解析し、患者様の診療に役立つ情報を取得し、医学の発展に貢献したいと考えています。

これまでに当院で加療を受けられた患者様で「上記学術研究に対する説明書および同意書」に署名したけれど、上記臨床研究への同意を撤回したいと思われる方は、以下に連絡をお願いいたします。同意を撤回された場合でも、不利な取り扱いを受けることはありませんし、これまでどおり適切な治療を受けることが出来ます。

伊賀市立上野総合市民病院 倫理委員会承認
伊病庶第649号 「がん通院患者の食事支援システムの開発」

〒514-8507 三重県津市江戸橋2-174
三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻
病態修復医学講座消化管・小児外科

研究責任者 奥川喜永
電話:059-232-1111(内線5645)
FAX:059-232-6968
E-mail:surgery2@clin.medic.mie-u.ac.jp