入退院支援室について

入退院支援室

  • 場所   一階会計後方隣
  • 受付時間 8:30〜16:30
  • 対象者  入院予定患者

入退院支援室の主な役割

入院となる患者さんが安心して入院生活を送れるように、入院前から看護師、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー、事務員など多分野の専門職が関わり、患者さんの診療を支援します。事前に患者様の状態を把握し、入院に対する不安の解消を目指します。また、病棟看護師とも連携をとり、患者さん一人ひとりにあった入院治療および看護が提供できるように努めていきます。退院後の生活や、各種申請の手続き、医療費に関する相談などにも対応します。

入院患者さんの流れ

sien_1

※当日検査がある場合や内視鏡検査のある方は担当科で検査前の説明を受けていただきます

sien_2

  1.  受付・入院説明
    事務員が入院に関する書類、入院当日の持ち物の説明や病院内の施設説明、病室の希望確認など行います。また、入院目的に応じて高額療養費制度による「限度額適応認定書」の申請についてのご案内をします。
  2.  面談
    看護師と面談(30分程度) 検査・手術・治療目的にあった説明や病歴や入院までの経過、日 常生活の状況や介護支援状況、アレルギーの有無など聞き取ります。入退院に関する不安があ る場合は必要により各職種の介入を依頼します。面談終了後は面談内容を電子に入力し入院病 棟の看護師や医療ソーシャルワーカーと情報を共有します。
  3.  予約入院の当日の流れ
    入院当日は、指定された時間に直接入退院支援室へお越しいただきます。
    入院に関する書類の確認や持参薬、体調の確認させていただき、入院病棟と連絡にて病棟・病 室にご案内させていただきます。