入院手続き

外来

医師から入院の必要性の説明を受けられましたら、入退院支援室スタッフがご入院の手続きをさせていただきます。
外来で入院の日時や必要な物品のご案内をいたします。
入院当日は入退院支援室へお越しください。病棟までご案内いたします。
入院誓約書は必要事項をご記入の上、保険証を添えて総合受付へ提出してください。
入院誓約書の保証人は、成人で同居の親族以外の方にお願いいたします。
万一、入院後に診療費等の支払がされない場合は、保証人にお支払いただくことになります。
過去3ケ月以内に、他院で入院されたことのある方は総合受付にお申し出ください。
なお、他院で発行された退院証明書をお持ちの方はご提示ください。

入院時の持ち物

入院される当日は保険証、後期高齢者医療被保険者証、限度額認定証、高齢受給者証、その他公費受給者証、入院誓約書、診察券、印鑑、および『入院のご案内』をご用意ください。

入院生活上の必需品

当院は、入院時必需品レンタルシステムCSセット【株式会社エラン】との直接契約を採用しており、おむつや紙パンツが必要な方もご利用いただくと便利です。詳しくは職員におたずねください。

CSセットを申し込まれた場合の入院時の持ち物

下着、靴下、パジャマの上に羽織るもの、シューズ、時計、イヤホン等
※オムツ、タオル類、パジャマは契約プランにより必要な場合もあります。

CSセットを申し込まなれなかった場合の入院時の持ち物

  • 洗面洗髪用具
    歯磨き用品、くし、石鹸(ボディーソープなど)、シャンプー、リンス、ひげそり、洗面器、タオル
  • 食事の時に必要なもの
    箸、スプーン、コップ、必要なら水筒
  • その他の日常品
    パジャマ、着替え、靴下、パジャマの上に羽織るもの、バスタオル、ティッシュペーパー、ハンガー、ウエットティッシュ、シューズ、時計、ごみ箱、イヤホン等

現在服用されているお薬(内服薬・坐薬・湿布薬・点眼薬等)・お薬手帳があればご持参ください。(入院期間が不明な場合、2週間以上お持ちください。)

※入院中は、他の医療機関での受診や投薬を受けることは原則としてできません。必要な場合は、医師または看護師にご相談ください。
その他、特にご用意いただきたい物がある場合は、職員からご説明いたします。
お荷物は必要最小限にしてください。
多額の現金や貴重品は、お持ちにならないようお願いいたします。

入院費

保険制度に関する法令・法規に基づき算定しております。
また、ホテル等の宿泊の計算とは異なり、夜間12時を起点に日数計算をいたします。
(1泊2日の入院の場合の入院料、室料差額は2日分で計算することになります。)
入院時の食事療養費は患者様に負担していただきますが、この負担額は高額療養費制度の対象にはなりません。
入院費は毎月11日の月1回及び退院時に計算し、請求書を発行しております。入院されている方は5日以内に、退院される方は退院時に1階会計窓口でお支払いください。
休日のお支払い等については、「退院時のお支払い」の項をご覧ください。
医療費についてのお問い合わせは、総合受付にお越しください。