先輩ナース

奥瀬美由写真

奥瀬 美由

平成25年入職
看護師

私は現在、新人教育チームに参加しています。病院全体で新人看護師の支援に取り組めるよう、各病棟の看護師や多職種と協力しています。プリセプターだけでなく、病棟スタッフ全員が新人看護師の指導や教育に関わっており、新人の方が誰にでも分からないことを聞けるような病棟の雰囲気作りを心がけています。また、患者さんに、よりよい看護ができるよう、定期的にカンファレンスも行っており、経験年数に関わらずお互い学び合える環境があるので、とても働きやすい職場だと感じています。

橋岡 睦写真

橋岡 睦

平成29年入職
介護福祉士

就職するまでは病院での介護福祉士としての仕事は少なく看護の中の一部分だけだと思っていました。しかし、高齢化率が上昇している中で病院の患者さんの年齢は高く介護福祉士としての役割はとても大事です。介護のプロとして何ができるかを考えて介助しています。介護福祉士が主催する勉強会では自分のスキルの向上の機会が与えられやりがいがあります。現在、介護福祉士は15名います。しかし、介護福祉士の数は少ないのが現状です。よりよい介護・看護が出来るように一緒に仕事をしませんか。

植田 あずさ写真

植田 あずさ

平成31年入職
看護師

私が勤務している病棟では、化学療法中の患者さんや終末期の患者さんがいらっしゃいます。そのなかで私は一人一人に合った関わり方を見つけ、患者さんやご家族の思いに寄り添うことを大切にしています。
今でも分からないことがたくさんありますが、アットホームな雰囲気なので、先輩看護師だけでなく他職種の方々にすぐに質問ができ学びを深めることができる職場です。これからもたくさんのことを学び、成長していきたいです。

西口 舞写真

西口 舞

令和2年入職
看護師

整形外科病棟で勤務して2年半が経ちました。1年目から先輩と受け持つ患者さんの求めるものは何か・必要なものは何かを考えながら看護をしてきました。リーダー業務を任されている今、先輩に教わった“患者さんのニーズを考える“ということがいかに大切であることかを実感しています。
患者さんが住み慣れた場所へ一日でも早く元気に退院していただけることを目指して看護をしています。コロナ禍で面会禁止になり、家族の方に逢えない寂しさを口にされる患者さんも多くおられます。そのため、患者さんとは日々の些細な会話を大切にし、家族の方へは日頃の様子と患者さんの気持ちを電話にて伝えています。家族の方から「逢えないので心配していたんです。お忙しい中ありがとうございます。」とのお言葉をいただき、患者さんだけではなく患者さんを支える家族の方への関わりも大切だと感じています。
急性期病棟であり毎日忙しいですが、いつでも相談できて、アドバイスをくれる先輩がいるので心強く自信を持って仕事ができます。 これからもチームの一員としてより良い看護ができるよう、先輩の動きを見習いながら自己研鑽に努め、後輩から頼られる看護師を目指し頑張ります。

戻る