2年目ナースの「1年目を振り返って」

先輩方のご指導と、成長しているところを伝えてくださったことから、
今2年目としての自分があると思います。

桑原 夕貴

 入職した時は、看護師としてしっかり働く自信はなく、それでも頑張ってみることから始めよう、と不安と緊張でいっぱいでした。初めての臨床の現場、たくさんの初めての技術の実施…と、毎日出会う初めての仕事の多さと勤務時間という制限に戸惑い、知ってなきゃ・わからなきゃ・できなきゃいけないと自分を追い込んでしまっていました。

 失敗や辛いことの経験をしたときには、新人支援を担当している先輩方も、師長さんをはじめとする病棟スタッフの方みなさんに、「なんでも話してね」「誰でも最初は初めてから」本当に何度も声をかけていただきました。何度も声をかけていただいて、その度自分が伝えた・伝えられなかったことひとつずつのご指導と、成長しているところを伝えてくださったことから、今2年目としての自分があると思います。

 もっと不安や疑問を残さないで患者さんのケアをさせていただくこと、もっと自分の課題に真摯に向き合い柔軟にやり方を変えていくこと、忙しい中でも患者さん・ご家族さんの気持ちやスタッフの状況に目を向け耳を傾け想像して…できることを考え実施すること、未熟や不十分な部分がたくさんあります。しかし、コツコツ勉強と再学習をしながら、「なんでも話してね」「誰でも最初は初めてから」と声をかけて頂いていることを思い出して、わからないところは相談し、最善・最適なケアの提供に努めていく一スタッフとして働けるよう、成長していきたいです。

学びや反省を共有しながら、
少しずつですが自身の成長につながることができました。

西森 薫

 就職した当初は、仕事をする上で覚えることが多く、目の前のことをこなすのに精一杯でした。現場で初めて実践する看護技術や処置ばかりで緊張も多くありました。消化器病棟では、外科や内科の患者さんがいて、手術前から術後までケアを行ったり、検査の処置や観察を行うなど、たくさんのことを学ばせていただき、良い経験になりました。ときに様々な患者さんを受け持つ中でケアの優先順位を考え動くことが難しかったり、患者さんの状態を十分に理解できず対応に欠けてしまうこともありました。うまくいかないときには、忙しい中でも、プリセプタ-の方が相談にのってくださったり、1年目の同期での振り返りの場を通して学びや反省を共有しながら、少しずつですが自身の成長につながることができました。

 一年が経ち、できることが増え、その分責任を感じることも多くなりました。今後は知識を深め、さらに患者さんのために何ができるのかを考え個別性に合わせた対応、関わりを大切に看護を行っていきたいと思います。

学んだことを活かしてスムーズに
看護介入していくことができるようになりました。

港 美由紀

 私は消化器病センターに所属し1年が経ちました。消化器病センターでは主に消化器疾患をもつ患者様の診療の補助、療養上のお世話をしています。外科、内科が混合になっているため周術期の患者様もいれば、内視鏡治療などを受けられる患者様もいます。

 所属してすぐの頃は、覚えることがたくさんあり、できないことも多く正直続けていけるのか不安もありました。しかし病棟の先輩方は、チーム全体で一年目を育てようと協力体制を作ってくださっており、とても学びやすい環境で仕事をさせていただきました。特に周術期の看護に関しては、手術を控える患者様を入院時から一定期間、私の受け持ちにつけてくださり、術前準備から術後の観察、退院まで一連の流れを見せていただいたことがありました。患者様はどのような思いを抱えて過ごしているのか直接知ることができ、また術後合併症の観察や予防など必要な看護を考え実践しながら学ぶことができました。このような経験をさせていただいたおかげで周術期看護の流れが理解しやすくなり、同じ手術を受ける患者様だけでなく他の手術を受ける患者様を受け持った際にも学んだことを活かしてスムーズに看護介入していくことができるようになりました。

 また周術期の患者様だけでなく内科的治療を受ける患者様の処置や治療の流れも経時的に見させていただいていたので患者様に合った必要な看護を実践していくことができるようにもなりました。今では一人で任せてもらえる仕事も増え少しずつ成長を感じているとともに、周術期看護や内視鏡治療の看護に携わることができることにやりがいをとても感じています。

この1年間とても充実した毎日で
看護師をして責任感を強く感じました。

安田 弓香吏

 初めの半年間は病棟の雰囲気に慣れ一日の流れをつかむことや、自分に与えられたことをこなしていくことで精一杯でした。けれどその中で日々先輩や先生方から教えていただいたことが自分の力になり、患者さんを診る見方も入職当初より多くの視点から見れるようになったように思います。まだまだ先輩方にはお世話をかけてしまうことが多々ありますが、夜勤も独り立ちをし、チームの一人として周りから受け入れて貰えていることを実感し、嬉しく思います。そして期待に答えれるよう、日々新しい知識や技術を習得できるよう努力し成長し続けていきたいと思います。

 それも病棟の雰囲気や先輩方の丁寧なご指導、常に気にかけてくださり楽しく過ごせる雰囲気を作ってくださっているからこそ、毎日頑張ろうと思えます。この1年間とても充実した毎日で看護師をして責任感を強く感じました。

 今後より一層看護師として成長し、チームの一員として頑張っていきたいと思います。