入院医療費の計算方法が変わります

平成30年4月1日より、厚生労働省の認可を受け、入院医療費の計算方法を出来高払い方式から近隣病院と同じDPC(診療群分類包括評価)方式に変更します。

DPC方式では疾患ごとに入院医療費が定められ、その中に投薬、注射、検査、レントゲン、入院基本料等の費用(一部除く)を含みます。

この計算方式により、予め疾患名や診療内容に応じてどのくらい医療費がかかるかの目安が患者さんにも分かりやすくなります。

なお、疾患や診療内容によっては、従来どおりの計算方法(出来高算定)となる場合があります。たとえば、手術料や食事代も従来どおりです。

DPCについて、ご不明な点がありましたら、医療事務課までお問い合わせください。

 

入院医療費