当院の新型コロナウイルスに対する取り組み状況について

2020/06/03

 当院では、国内で新型コロナウイルス感染が確認されてから院内感染対策を強化してきました。

 5月25日に全国の緊急事態宣言が解除されましたが、病院内においてはまだ警戒を緩めることができないと考えます。充分な感染対策を実施することで、患者の皆さんに安心・安全な入院および外来の治療環境を提供するため、面会禁止を継続します。

 患者・家族の皆さんにおかれましては、引き続きご理解とご協力をお願い致します。

 院内の感染対策は以下の内容で継続しています。

  •  外来待合での3密を避けるため、座席の間隔をあけて座っていただいています。
  •  院内環境の消毒、病室や診察室の換気を定期的に実施し、安全・安心な環境を保っています。
  •  外来受付け時に発熱のある患者さんは、一般の患者さんとは距離をおいた場所でお待ちいただき、症状により診察室を分けています。
  •  外来患者さんは発熱などの症状の有無に関わらず、マスクをお願いしています。また、来院時や、診察室への入室時は手指消毒をお願いします。
  •  全職員に毎朝体温チェックと、マスク着用を義務付けしています。また、手指消毒の徹底を図っています。