放射線技術課

放射線技術課理念

私たちの理念は、チーム医療の一員として、安全に患者さまの必要とする、
画像情報を提供し、管理することです。

業務概要

放射線技術課の風景

放射線技術課は、病院の入院・外来の診療科及び、検診センターや紹介病院と連携し、画像情報の提供、画像診断、治療を行っています。

業務として、一般撮影、CT、MRI、透視検査、腹部エコー、心・腹部血管造影、マンモグラフィ、骨塩定量、術中・病棟ポータブル撮影、巡回胸部健診、胸部・胃透視・腹部エコー健診、胸部がん検診(CT)、全身がん検診(PET-CT)、CT使用の腹部脂肪測定、救急日当直とそれ以外の業務時間外の待機、そして画像管理と職員の被曝管理等を行っています。

平成24年秋より、もの忘れ外来の開設により、MRI、CTを使用した認知症の早期診断検査を始めました。今後PET-CTを使った認知症の検査もおこなって行く予定です。

MRIは、早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD)を用いて撮影した頭部MRI画像と正常な頭部MRIの主に記憶に関わる部分(海馬傍回)の体積萎縮度を比較して数値化します。

MRIの写真 MRI画像

PET-CTは、擬似ブドウ糖と放射性物質を合成したFDGいう薬剤の投与により、脳の特定部位の糖代謝の低下を測定します。

PET-CTの写真 PET-CT画像

こうした先進画像診断による早期発見でお年寄りの充実した老後を楽しく過ごす為少しでも早く治療が始められるよう協力していけたらと思っています。