薬剤部

薬剤部

薬剤部理念

急性期治療から在宅療養までシームレスに薬剤管理を行い、正確な調剤及び情報提供で診療(医療と看護)を支援し全人的医療を実践し広く市民に信頼されること。

薬剤師としてチーム医療の中でその職能の専門性を発揮できるように、従来の業務を発展させるとともに他部門との連携を図る。

基本方針

  1. 患者さまに安心してくすりを使用していただくため、理念に基づき薬剤情報を提供します。
  2. 高度専門的医療を提供するため、自己研鑽に努めます。
  3. 患者の個人情報保護を基本とし、地域の医療施設や開局薬局と連携をとり、必要とする薬剤情報提供を行います。

薬剤部では入院時から在宅まで患者さまに安全かつ有効に薬を使用いただけるよう情報提供を行い、患者さまご自身やご家族が薬のことをよく知り、理解・納得して治療に積極的に参加できるよう日々努力しています。

また、がんサポート免疫栄養療法など、病態栄養を基本とした治療効果の向上を目指しています。

薬剤部の主な業務は、内服・外用及び注射薬調剤、医薬品在庫管理、抗悪性腫瘍剤無菌調製、薬剤管理指導、医薬品情報提供、院内製剤調製、薬物血中濃度モニタリング、治験支援等、チーム医療の一員としての診療支援です。

現在、資格者として糖尿病療養指導士1名、NST専門療法士2名、日本医療薬学会認定薬剤師1名が在籍しています。 

調剤室の業務

調剤室では、内服薬(飲み薬)・外用薬(点眼、塗布薬など)の調剤を行っています。その際、内容に疑問な点(用法用量や相互作用など)があれば医師に問い合わせを行うなど、安心して患者さまにお薬を使用して頂けるように努めています。

また自動錠剤分包機を活用し、患者さまが自己管理しやすいよう、一包化(薬剤1回服用分を1包にまとめる)にも対応しています。

他に、業務効率化のため、病棟薬剤業務の一つである「持参薬(患者さまが入院時に持参された薬剤)」内容の鑑別を行い、薬の重複や飲み合わせなどを管理し病棟での薬剤管理指導業務を支援しています。

薬剤部の風景 薬剤部の風景 薬剤部の風景

注射室(薬品庫)の業務

薬剤部の風景

注射室では、注射薬の調剤、医薬品の購入管理、中央手術室・透析室など各部署への薬品供給 と在庫管理、抗がん剤の無菌調製などを行なっています。

注射薬の調剤では、用法用量、相互作用のほか、配合変化、投与速度など、処方内容が適切かどうかを確認したのち、調剤を行います。

薬剤部の風景

また医師の処方箋に基づき一人一人の患者さんごとにボックスを準備し、そこに一回分ずつにセットした注射薬をまとめて払い出す注射薬の「一本渡し」を実施しています。

 

病棟での業務

各病棟に担当薬剤師を配置し、入院中の全ての患者さまの投薬内容を把握し、アレルギー、相互作用、副作用、他院での処方内容との重複や配合禁忌などの確認をしています。毎朝、医師や看護師らとカンファランスなどを行い、連携をとりながら患者さまが安全で合理的な薬物療法が受けられるようにお薬の管理を行っています。

薬剤部の風景

また、お薬に関してよく知ってもらうために、ベッドサイドでお薬の飲み方や効果、副作用の初期症状などを説明しています。安心してお薬を飲んでいただけるよう、お薬に関する不安や疑問などのご相談に応じています。

 

チーム医療

薬剤部の風景患者さま中心の医療を実現させることを目的に、それぞれの専門分野からの意見を出し合い、患者さまに満足していただける医療を受けていただくために感染対策委員会、緩和ケアチーム、褥瘡対策チーム、栄養サポートチーム、糖尿病チームなどのチーム医療を展開しています。

薬剤部では、薬の専門家としてそれぞれのチームの回診や会議に参加し、薬理学的、物理化学的、時には栄養学的な面からも提言をしています。

医薬品情報提供

医薬品情報室では医療従事者が患者さまに医薬品を有効かつ安全に使用するため、院内の薬事審議会で新規採用された薬の紹介、医薬品の適正使用情報、厚生労働省から出される緊急安全性情報などを集めインフォメーションを行っています。

活動・実績

学会発表

    1. 処方せんの記載方法変更に関するアンケート結果(1)
      ―内服薬1回量記載を導入後の地域薬局での受け入れ状況について―
      福森和俊、越智麻有、猪田幸邦、小澤一夫
      一般社団法人伊賀薬剤師会 岡角飛乃生、中山英起
      第64回 日本病院学会 2014.7(香川)

薬剤部の風景

  1. 療養病棟における薬剤師の取り組み
    越智麻有、猪田幸邦、小澤一夫、福森和俊、三木誓雄
    第52回 全国自治体病院学会 2013.10(京都)

 

リンク