専門ドック等のご案内

脳ドック(専門ドック)

脳MRI検査で、気づかないうちに起こった小さな脳梗塞や脳出血を発見し、将来の大きな発作の予防に役立てます。脳萎縮の確認や脳腫瘍の発見にも役立ちます。
また、脳・頸動脈MRA検査で、くも膜下出血の主因である動脈瘤を発見したり、脳梗塞の原因となる血管狭窄を発見し、これらの予防につなげます。(上野総合市民病院のMRI装置を利用します。)
ただし、ペースメーカーを装着されている方は、受けることができません。閉所恐怖症、手術で体内に金属を入れられている方は、事前にご相談ください。

頸部
▲頸部
頭部
▲頭部

内蔵脂肪面積検査

内蔵脂肪面積検査

近年、メタボリックシンドロームと内臓脂肪との関連が注目されるようになりました。CT撮影のデータを用いて、内蔵脂肪と皮下脂肪の面積を正確に計測します。

 

乳がん検査

女性の乳がん罹患率は増加の傾向にあり、若年令化も進んでいます。触診検査(希望者)に加え、超音波検査やデジタル・マンモグラフィ検査を併用し、早期発見に努めます。なお、平成29年4月より女性技師2名体制でデジタル・マンモグラフィの撮影を行っております。
当センターでは、三重乳がん検診ネットワークに加入しています。

胸部CT検査

肺がんは、日本人のがん死因のトップです。最新のマルチスライスCTを用いて通常のX線写真では見つけられない早期の肺がん発見に努めます。
また、肺気腫や肺線維症など呼吸機能に影響を及ぼす病気の発見にも役立ちます。

骨密度検査

骨密度を測定して骨の状態をチェックする検査です。骨粗鬆症による骨折が寝たきりの原因として高い順位を占めています。いつまでも、いきいきと過ごすためにも骨粗鬆症予防が大切です。

専門ドック 検査項目・料金表