PET-CT健診のご案内

日本人の死亡原因のトップであるがん。我が国では、がんの死亡者数が年間35万人を超えさらに増加傾向にあります。
 当健診センターでは、がんが「見つかる健診」から「より早く見つける健診」をめざしPET-CT健診をはじめました。皆さまに、より身近にご利用いただけるよう取り組んでまいります。

PET-CT検査とは

PET(ペット)は、正常細胞よりブドウ糖を多く取り込むという、がん細胞の性質を利用したがん検査の方法で、擬似ブドウ糖検査薬を注射後、一定時間をおき全身をスキャンし、その検査薬の集積度合いによりがん発見の手がかりを得る方法です。
PET検査は苦痛のない検査で、一度の撮影(30分程度)でほぼ全身の検査が可能で、画像解析に優れたCT(コンピュータ断層撮影)画像を組み合わせるPET-CTによって、より正確な診断が可能となります。
PET-CT検査は、予想外のがん転移や再発の発見にも非常に有利であるほか、がん以外の疾患発見にも役立ちます。

(左から)PET画像 CT画像 PET-CT画像
(左から)PET画像 CT画像 PET-CT画像

当院のPET施設は、三重県内でも数少ない施設です

平成29年1月時点で、日本核医学学会PET核医学分科会に登録されている三重県内の施設は、当院を含め5施設しかなく、伊賀圏域内では当院のみです。
日本核医学学会PET核医学分科会に登録されている(施設代表委員がいる)施設へは、日本核医学会など公的機関からのPET検査方法や施設運営に関する指針や情報が伝達されるため、PET検査の質の向上が図られています。

PET-CT検査は万能??

PET-CT

 PET-CT検査では、早期胃がんを除く全てのがんで保険適応がされており有用性が認められています。ただ、胃がん、膀胱がんをはじめとして「PET-CT検査単独では発見が難しいものもある」ことがわかってきています。
 当健診センターでは、PET-CT検査以外の検査も複合的に行い、PET-CT検査の弱点を補うことに努めています。

PET-CT健診 検査項目・料金表