放射線科

放射線科 医師スタッフ紹介

田中直先生
田中 直N. Tanaka
卒業
平成3年【三重大学】
専門
画像診断・IVR(血管内手術・低侵襲治療)
職名
放射線科部長
資格
  • 放射線診断専門医
  • 日本IVR学会専門医
  • PET核医学認定医
  • 検診マンモグラフィ読影医師
  • 臨床研修指導医

放射線科のご案内

スタッフ

常勤

田中 直

 

非常勤

橋本 孝司

診療科の特徴

常勤の専門医1名が、画像診断(CT・MRI・PET/CTなど)と、IVR(血管内手術、低侵襲治療)を行っています。

レントゲン室

当院を受診された患者さまの画像検査は、主治医の指示により臨床放射線技師が撮影を行います。放射線科医師(画像診断医)の仕事は、1. どのような撮影方法を行えば患者さまの病気が正確に診断できるかを考え、それを具体的に技師に指示すること 2. 撮影された画像を読影し、その診断結果を報告書にまとめ、主治医に伝えること 3. 安全・円滑な画像検査が行えるよう現場を監督すること、の主に3点です。

また当科では、院外の連携医院・病院からの検査依頼も積極的にお受けしています。もしも近隣の開業医の先生にかかっておられて画像診断の必要が生じた場合には、先生から当科に直接お電話いただくことで、即時に検査の予約が可能です。患者さまに当院にお越しいただくのは検査当日の1回のみであり、診断結果は専門医が責任をもって読影したのち、報告書の形で依頼元の先生のお手元に届けられます。

その他、併設の健診センターにおけるPET-CT健診の診断と面談(結果説明)、検診マンモグラフィの読影も担当しています。

IVR(interventional radiology)とは、血管造影装置・CT装置・超音波診断装置などの画像診断機器を用いて、最小限の身体的負担で、治療や検査を行う医療手技です。画像をガイドとして、局所麻酔下に針やカテーテル(医療用の細い管)を身体内に入れ、治療や検査を行います。具体的には、肝臓を主とする悪性腫瘍(がん)の治療(化学塞栓療法やラジオ波焼灼術など)、交通事故による大出血の止血、どのような病気かわからない深部組織の採取(生検)、深部に溜まった膿汁の採取(ドレナージ)など、様々な疾患が対象となります。内科・外科・整形外科などの診療科に入院しておられる患者さまでこのような治療・検査が必要となった場合には、主治医と共に放射線科医師(IVR医)が治療に参加させていただきます。

取り扱っている主な疾患

画像診断:画像診断の対象となるあらゆる疾患
IVR:肝その他の悪性腫瘍、良悪不明の腫瘍、炎症性疾患、交通外傷など

検査と治療の特色

CT装置は、東芝製64列マルチスライスCTを保有しています。全症例で0.5-1.0mm厚の薄層データを再構成しており、必要に応じてワークステーションを用いた多方向断層診断、及び3次元診断を医師自らが行っています。CT透視にも対応しており、各種IVRに応用しています。

MRI装置は、GE社製1.5T(テスラ)・8チャンネル装置を保有しています。各種の部位別コイル及び造影剤自動注入装置を備えており、全身各所の撮像に対応しています。 PET/CT装置は、GE社製の2台を保有しています。サイクロトロンは保有しておらず、検査薬(FDGスキャン注)はデリバリー(京都府八幡からの当日配送)で検査を行っています。下肢の撮影が必要な場合を除き、全例で腹部(あるいは患部)の2回撮像を行い、偽陽性・偽陰性の低減に努めています。健診では、受診当日の面談・結果説明を行っています。

IVRでは、主に肝癌の低侵襲治療を担当しています。手術不能、あるいは手術には及ばない段階の肝癌を対象に、血管造影手技下での化学塞栓療法、超音波ガイド下・CT透視下でのラジオ波焼灼術、エタノール注入療法等を行っています。また、CT透視下での組織生検(肺・骨・軟部など)や膿瘍ドレナージも行っています。但し、常勤1名体制という制約もあり、IVR医が直接主治医とはなっておらず、内科・外科・整形外科等の各臨床科をお手伝いする形で診療を行っています。