後期研修プログラム

始めに

一般に「後期研修」は「初期研修」を終えた後にさらに継続して行う、より専門性を高めた臨床研修であるとされています。しかし、実際のプログラムは施設により、また地域により様々であり、大学の臨床講座への入局とどう異なるのか、誰も説明できないのが現状です。実際、研修医の多くは初期研修を終えた時点でも、まだどの専門領域に進むか決まっていないと聞きます。従って「後期研修」期間は、あなたが医師としての人生を左右するクロス・ロードのまっただ中にいることを意味します。

プログラムの概要

当院外科は、三重大学消化管・小児外科、三重大学肝胆膵・移植外科、癌研有明病院外科研修修了医で構成され、さらに乳腺疾患に関しては三重大学病院乳腺センターと連携しています。このホームページの診療科紹介をご覧いただけばおわかりいただけるように、当院外科は、様々な専門施設でトレーニングを受けたスペシャリストで構成されるハイブリッド外科チームです。また、当院には新しいコンセプトのオンコロジーセンターである「がんサポート・免疫栄養療法センター」が附属しており、外科治療以外のがん診療も経験することが出来ます。がんサポート・免疫栄養療法センターはこのホームページで紹介されているように、がん化学療法、放射線治療、免疫栄養療法、緩和医療、リハビリテーションなど全人的医療を様々な職種のスタッフが同じフロアーで行うがん総合診療施設です。

最後に

後期研修は医師としてのキャリア・パスの中では単なる通過点にしか過ぎません。しかし、同時に医師としての最終目標を決定する上で、かけがえのない期間でもあります。当院はすぐれた臨床医を育てて地域に送り出す使命を担っています。私どもは皆さんに無限の選択肢を提供することを約束します。

(文責:三木誓雄)