入院のご案内

入院手続き

外来

医師から入院の必要性の説明を受けられましたら、職員がご入院の手続きをさせていただきます。
外来で入院の日時や必要な物品のご案内をいたします。
入院当日は総合受付へお越しください。病棟までご案内いたします。
入院誓約書は必要事項をご記入の上、保険証を添えて総合受付へ提出してください。
入院誓約書の保証人は、成人で同居の親族以外の方にお願いいたします。
万一、入院後に診療費等の支払がされない場合は、保証人にお支払いただくことになります。
過去3ケ月以内に、他院で入院されたことのある方は総合受付にお申し出ください。
なお、他院で発行された退院証明書をお持ちの方はご提示ください。

入院時の持ち物

入院される当日は保険証、後期高齢者医療被保険者証、限度額認定証、高齢受給者証、その他公費受給者証、入院誓約書、診察券、印鑑、および『入院のご案内』をご用意ください。

入院生活上の必需品

当院は、入院時必需品レンタルシステムCSセット【株式会社エラン】との直接契約を採用しており、おむつや紙パンツが必要な方もご利用いただくと便利です。詳しくは職員におたずねください。

CSセットを申し込まれた場合の入院時の持ち物

下着、靴下、パジャマの上に羽織るもの、シューズ、時計、イヤホン等
※オムツ、タオル類、パジャマは契約プランにより必要な場合もあります。

CSセットを申し込まなれなかった場合の入院時の持ち物

  • 洗面洗髪用具
    歯磨き用品、くし、石鹸(ボディーソープなど)、シャンプー、リンス、ひげそり、洗面器、タオル
  • 食事の時に必要なもの
    箸、スプーン、コップ、必要なら水筒
  • その他の日常品
    パジャマ、着替え、靴下、パジャマの上に羽織るもの、バスタオル、ティッシュペーパー、ハンガー、ウエットティッシュ、シューズ、時計、ごみ箱、イヤホン等

現在服用されているお薬(内服薬・坐薬・湿布薬・点眼薬等)・お薬手帳があればご持参ください。(入院期間が不明な場合、2週間以上お持ちください。)

※入院中は、他の医療機関での受診や投薬を受けることは原則としてできません。必要な場合は、医師または看護師にご相談ください。
その他、特にご用意いただきたい物がある場合は、職員からご説明いたします。
お荷物は必要最小限にしてください。
多額の現金や貴重品は、お持ちにならないようお願いいたします。

患者取り違え防止

当院では、同性の患者さんや似た名前の患者さんも沢山おられることから、患者取り違え防止のために、お名前と生年月日を伺っております。また患者さんにリストバンドの装着をお願いしております。
職員がリストバンドの記載内容確認後、右手首につけさせていただきます。
検査室・手術室への入室の際、患者さまが薬を飲んだり・点滴を受けたり・採血などの検査を受ける際は、お名前を伺ったり、リストバンドの提示をお願いしております。
ご理解とご協力をお願いいたします。

付添い

当院は、入院基本科の施設基準により看護を行なっておりますので、原則ご家族の付添いはご遠慮いただいております。
ただし、ご病状その他の事情によりご家族の付添いをご希望の場合には許可証が必要ですので病棟スタッフにご相談ください。

食事

食事はおおむね次の時間に配膳します。(お茶がつきます。)
朝食―午前8時 昼食―正午 夕食―午後6時
配膳時間直前の入院の際は、お食事をご用意することが難しい場合がありますので、ご了承ください。
病状に応じた治療食を医師の指示によりご用意しています。病室への飲食物の持ち込みは治療の妨げや食中毒の原因となる場合がありますのでご遠慮ください。
食中毒予防の為に、病院食の取り置きはご遠慮ください。
衛生管理上、病院食以外の食べ物の持ち込みについては、原則ご遠慮ください。
食物アレルギーのある方は担当看護師にお申し出ください。
お食事に関するご質問がありましたら管理栄養士が相談に応じますのでスタッフステーションへお申し出ください。
医師の指示のもと管理栄養士が食事療法についてお話します。また退院後も引き続き、外来診療にて食生活に関するご相談もお受けいたします。

寝具

基本的な布団・シーツの寝具類は、病院で準備しております。

入院費

保険制度に関する法令・法規に基づき算定しております。
また、ホテル等の宿泊の計算とは異なり、夜間12時を起点に日数計算をいたします。
(1泊2日の入院の場合の入院料、室料差額は2日分で計算することになります。)
入院時の食事療養費は患者様に負担していただきますが、この負担額は高額療養費制度の対象にはなりません。
入院費は毎月11日の月1回及び退院時に計算し、請求書を発行しております。入院されている方は5日以内に、退院される方は退院時に1階会計窓口でお支払いください。
休日のお支払い等については、「退院時のお支払い」の項をご覧ください。
医療費についてのお問い合わせは、総合受付にお越しください。

病室

病室

個室・特別室をご利用される時は下記の料金が必要となります。

個室区分 金額 病棟
特別室 10,800円 4階・5階・6階
個室A 3,780円 3階・4階・5階
6階・西館3階
個室B 3,240円 3階
個室C 5,400円 5階

 

ご希望どおりの病室をご用意できないこともありますのでご了承ください。
病状や状況に応じて病室や病棟を移っていただく場合がありますのでご了承ください。
病室内では常に静粛にし、他の患者さまの治療に迷惑のかからないよう心がけてください。

入院中の生活について

午後9時以降は消灯とさせていただきます。

入浴やシャワーについては、病状により主治医が許可します。 ごみの分別にご協力ください。容器の表示どおりに捨ててください。 入院中、お困りのこと等がありましたら、遠慮なく病棟スタッフにお尋ねください。

面会

面会時間は、入院される方の治療と安静のため、次の通りとなっています。

  • 平日 午後2時〜午後7時
  • 土日祝 午後1時〜午後7時

面会時間内であっても、診療やその他の都合により面会をお断りしたり、しばらくお待ち願うことがあります。
面会は原則としてラウンジでお願いいたします。
多人数での面会は他の患者さまの迷惑になります。
面会は短時間で終えるよう、ご協力をお願いいたします。
総合受付で面会票を受け取り、病棟スタッフへお示しの上、指示に従ってください。

なお休日及び時間外は、時間外受付で面会票を受け取り、病棟スタッフへお示しの上、指示に従ってください。
各階の廊下にすり込み式のアルコール消毒剤を設置しております。病室の入退室時は必ず手指消毒をしてください。またインフルエンザ等の流行時には、マスクの着用をお願いしています。

次のような症状等に該当する方は面会をお断りしております。

  • 下痢・嘔吐のある方
  • 咳・痰などの風邪症状<感冒>がある場合や、発熱、原因不明の発疹のある方
  • 麻疹(はしか)・水疱瘡(みずぼうそう)・風疹(3日はしか)・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)にかかっている方
  • インフルエンザその他のウイルス性感染症と診断されている方

小学生以下のお子さんは抵抗力が弱いため原則として禁止しています。

外出・外泊

外出や外泊は看護師に申し出ていただき主治医の許可を得て、「外出・外泊届」を提出してください。
また、買い物や散歩などで病院の構外へ出る場合にも許可が必要です。
やむを得ず帰院届出時間に戻れない場合には、スタッフステーションにご連絡ください。

テレビ

当院では病床ごとにカード式のテレビが設置してあります。病棟ロビーに設置してあるカード販売機(カード1000円)で購入のうえご利用ください。
テレビの待ち込みはご遠慮ください。
病室で視聴する時は、イヤホンを使用してください。
カード清算機は1階売店の自動販売機横に設置してあります。10円単位の清算となります。
リモコンは、退院時にスタッフステーションにお戻しください。紛失の場合には実費を請求させていただくことになります。

貴重品ボックス

現金や貴重品は必ず貴重品ボックスに保管してください。
貴重品ボックスは、床頭台下段右の引き出しを開けて、丸いくぼみに鍵を当てると開きます。
鍵は床頭台下段左の引き出しにあります。
鍵は、退院時にスタッフステーションにお戻しください。返却がない場合や紛失の場合には実費を請求させていただくことになります。

洗濯機・乾燥機

洗濯機や乾燥機は100円硬貨で使用できますが、テレビカードでも使用できます。
本館南側病室のベランダは非難通路ですので、ロープを張ったり、物を干したりしないでください。

非常時の対応

地震や火災などの非常事態が生じた時は、職員の指示に従ってください。
非常口と非常階段は、入院時にお確かめください。
非常時はエレベーターを絶対に使用しないでください。

敷地内禁煙

病院敷地内は禁煙です。ご協力お願いいたします。

携帯電話

院内での携帯電話等の利用については、手術室やMRI等の精密医療機器設置場所を除き、利用して頂いても構いませんが、下記の注意事項を必ずお守りください。

  • 上記以外で、医療機器周辺では1m以上離れてご利用ください。
  • 使用に際しては、周りの患者さんへの迷惑とならないよう音量等にご注意ください。

駐車場

駐車スペースが限られておりますので、入院中は自家用車を病院駐車場に駐車しないようご協力ください。やむを得ない場合は、「駐車届出書」を必ず入院時に総合受付へご提出ください。

感染予防

当院は、院内感染を予防するために病室前の廊下に擦り込み式アルコール消毒液を設置してあります。病室の入退室時、必ず手指消毒をしてください。

退院手続き

退院は次の順序で手続きをお願いいたします。

主治医から許可がでます。

退院日をスタッフステーションへ連絡してください。
(退院はできるだけ午前中にお願いいたします。)

退院当日、診療費納入通知書をお渡しいたします。
(休診日に退院される方は、前日に通知書をお渡しいたします。)

テレビのリモコン、貴重品ボックスの鍵、体温計を揃えて、スタッフステーションにお戻しください。 退院後に服用される薬、診察券、外来予約票等をお渡しいたします。

お帰りの際に、入院費のお支払いをお願いします。

退院時のお支払い

入院費は退院日までの計算をさせていただきますが、過誤が生じた場合は後日清算させていただきます。 休診日、夜間等に急きょ退院される場合は当日入院費の計算ができませんので、精算方法について退院時に下記の窓口でお伝えください。(窓口払・銀行振込)

    • お支払場所及び時間
診療日 午前8:30~午後5:00 1階 会計窓口
休診日および上記の時間外 1階 時間外受付

※お支払いについてのご相談を、医療事務課で承っています。お気軽にお尋ねください。

文書作成依頼

診断書・入院証明書等の文書作成を依頼される場合は、診療日の午前8:30分~午後5時の間に総合受付へお申し出ください。なお、お渡しまで退院後2週間ほどお時間を頂いております。
退院時に、退院証明書が必要な患者さんは、病棟スタッフまでお申し出ください。

個人情報の保護

患者様に安心して医療を受けていただくために患者様の個人情報の取扱いには万全の体制で行っております。
ただし退院後2か月以内に、患者さまのかかりつけ医または紹介先の医療機関より患者さまについての照会があった場合は、診療情報提供書として依頼先に発行する場合がありますので、ご了承ください。

入院患者様に関するお問い合わせについて

当院では個人情報保護のため、患者様の入院等についてのお問い合わせには、一切お答えしておりませんのでご了承ください。

患者様の病状や入院されているかなどは、患者様ご本人、ご家族にお問い合わせください。