医療安全管理室

病院には医療を提供する役割と医療における安全を確保する役割があります。安全な医療を提供するためには何が必要か考え、そのための対策を実行し医療安全の体制を整えることが重要になります。その実務機関として医療安全室が設置されています。

医療安全管理体制

当院の医療安全管理体制は、病院全体の医療安全を管理・指揮する医療安全管理委員会、各部署のリスクマネージャーが構成員となり安全な医療について検討を行う推進委員会、医療安全室からなっています。

 

医療安全室の主な業務

インシデントレポートの収集・分析・対策

医療安全室の風景

現場のスタッフがヒヤッとしたハッとした事例をインシデントレポートで報告する制度をとっています。インシデント報告をもとに対策をたて、業務改善し医療事故が発生しないように努めています。

 

 

医療安全に関するルール作りと遵守への働きかけ

業務手順が現状に即しているか見直し、より安全なルールを作成し遵守されるよう指導を行っています。

医療安全管理に関する職員への啓発・広報

全職員の安全意識の向上を図り、病院全体の医療安全を推進させるため、医療安全に関する研修会を実施しています。また「NEWS LETTER」による広報も行っています。

欠かせない患者さま一人一人のご協力

当院では、患者さまを確認する際『お名前を名乗っていただく』ことを原則としています。またご入院された場合はリストバンドを着けていただいています。点滴や処置の際、何度もお名前を確認させていただきますが、患者さま間違い防止のため、ご協力とご理解をお願いいたします。

当院では、患者さまを確認する際『お名前を名乗っていただく』ことを原則としています