臨床工学課

ご挨拶

近年の医療機器は大きく進歩し、医療の分野に大きな役割を果たしています。
しかし、このような医療機器の操作及び保守点検等には医学的知識ばかりでなく工学的知識も必要になり、高度かつ複雑なものとなってきています。
このため、医学的知識と工学的知識を併せ持つ臨床工学技士の存在が必要となっています。
当院の臨床工学技士は現在のところ、主に血液浄化業務、医療機器中央管理業務に携わっています。

臨床工学技士とは

臨床工学技士とは、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする医療機器を専門に扱う医療職種です。
臨床工学技士は医師をはじめ、看護師と共に医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持管理装置をサポートしています。

当院の業務

透析室業務

臨床工学課の風景

ここでは、主に慢性腎不全の患者さんに対して腎臓の代行機能を目的とした血液透析を行なっています。
また医師より依頼があった時は、CHDF、PMX等の特殊な血液浄化も行っています。
血液透析を行なうにあたり、患者監視装置、多人数用透析液供給装置、逆浸透水処理装置等を保有しており、これらの操作及び保守管理は重要な業務となっています。
また最近では透析液の清浄化が重要になってきており、水質確保に向けた取り組みも強化しています。

 

主な透析関連機器

臨床工学課の様子

日機装 患者監視装置:
DCS-26、DCS-27、DCS-100NX
日機装 個人用患者監視装置:DBB-27
日機装 個人用HDF装置:DBB-02
日機装 HDF装置:DBG-02
日機装 多人数用透析液供給装置:DAB-E
日機装 透析液溶解装置:DAD
JWS RO装置:DRO
WOKO Toxinometer

 

シャントPTA業務

当院では、シャントの狭窄発見時に血管造影を行い、必要に応じてバルーンを血管内に挿入し、狭窄部を拡張する経皮的血管拡張術(シャントPTA)を行っています。
そのシャントPTA業務において、医師の間接介助を臨床工学技士が行っています。

ME機器管理

医療機器管理業務

ここでは輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、持続低圧吸引機等を中央管理化し、保守点検を実施して常に整備された状態の医療機器を各部署に貸出出来るようにしています。また病棟を巡回し、各所に設置されている除細動器の動作点検等も行っています。

中央管理化している主な医療機器

JMS シリンジポンプ
大研医器 シリンジポンプ
テルモ 輸液ポンプ
フクダ電子 人工呼吸器:サーボi
コビディエン 人工呼吸器
フジレスピロニクス Bi PAP Vision
Sonosito エコー ILooK
イノメディックス サーボドレイン

臨床工学課の様子 臨床工学課の様子

病棟業務

病棟巡回を行い、病棟で使用中、待機中の医療機器の確認、点検を行っています。また。癌センターの一員として腹水濾過濃縮還元を積極的に行っています

教育関連

臨床工学課の様子

人工呼吸器など生命維持管理装置やその他の医療機器の研修会や勉強会を行っています。
安全な医療を提供するにはきちんと使用方法をマスターしてリスクをしっかりと認識してもらう必要があります。
輸液・シリンジポンプや医療材料の研修会も行っています。