リハビリテーション課

リハビリテーション課理念

理学療法・作業療法・言語聴覚療法を必要としている
すべての患者さまに全人的医療を提供すること

業務概要

医師の指示のもと、国家資格である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリテーション医療を提供しています。

実施手順

リハビリテーション室

各科医師からのオーダー

担当理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
の決定
診療録・画像所見・ミーティング等での
情報収集

評価によるリスク・解決すべき問題点の把握
複数の所見確認による症状・病態の原因追究

治療的運動療法、日常生活動作練習の実施
言語療法・摂食嚥下療法 他職種との連携

医師の判断による理学療法・作業療法の終了

 

個別リハビリテーション実施の様子

 

リハビリテーション課の風景 リハビリテーション課の風景 リハビリテーション課の風景

外来での理学療法、作業療法、言語療法は全て医師の指示のもとで行い、完全予約制(原則として午前中のみ)となっています。

症状・病態に応じた高度専門的なリハビリテーションの実施

疾患や外傷後のリハビリテーションを担当していますが、疾患や外傷そのものを治すわけではなく、「疾患や外傷を有する患者さま」を対象としています。疾患別の一般的なプログラムを実施するだけでは患者さま個々の問題を解決できません。また、同じ診断名であっても症状の程度や機能低下の部位などが異なるため、極めて個別性の高い治療が要求されます。

そのため、情報収集と所見確認により機能低下・症状の原因を追究して根拠のある治療を実施すること、患者さまの生活背景や退院先に合わせた治療を展開することに力を入れています。

実施計画に基づくリハビリテーションの実施

評価結果をもとに実施計画書を作成し、個々の問題点に応じた治療プログラムを実施しています。十分な治療時間を確保するために、外来通院患者さまでは予約制としています。また、その日のスケジュールに応じて入院患者さまの実施時間を設定しています。

安全管理された早期リハビリテーションの実施

疾患や外傷の治療に伴う安静臥床により、筋力低下や関節拘縮(硬くなって動かせなくなる)、起立性低血圧(起きると血圧が下がり活動できない)、認知症の進行などの廃用症候群が起こり、早期の社会復帰を妨げます。疾患や外傷そのものの治療期間よりも長くかかることもあります。当院ではこれらを予防し、早期の機能回復、早期の社会復帰を実現するためにできる限り早期にリハビリテーションを開始しています。

しかし、早期の運動、動作は、それだけ危険を伴います。感染、貧血、糖尿病、肝臓・腎臓機能の低下、呼吸不全、疼痛、再骨折・再断裂・脱臼など、多くのことを管理しながら進める必要があります。例えば、手術侵襲・炎症・食事量の低下等で低栄養状態となり、体力を消耗しやすくなっている場合は、運動負荷量を調整する必要があります。

当院では、疾患・外傷の特性、手術内容・手術中所見、検査データ、バイタルサインなどを確認することで「してはいけないこと」を明確にして実施しています。下肢骨折では翌日から、頸椎・腰椎疾患の手術後では術後2日目から開始しています。必要に応じて手術前から情報収集や評価を行い、手術後の治療計画に生かしています。

自己管理方法・自己治療技術指導の強化

治療時間だけでなく、その他の時間にも機能回復および動作能力の再獲得のための方法を指導しています。例えば、肩関節周囲炎で関節を動かすことができない場合、どこの部位が痛みの原因になっているかを確認し、機能解剖学に基づき、その部位への負担を軽減して炎症を軽くするための動作方法を指導しています。

他職種との連携

ミーティングの様子

医師や看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー等との連携により日常生活動作の獲得、社会復帰を支援しています。整形外科病棟では、月〜金8:30より医師、看護師(病棟・外来・手術室)、薬剤師、理学療法士・作業療法士によるミーティングを行っています。

医師から新規入院患者さまや手術前後の患者さまの説明が行われ、その後に各職種からの問題提起や提案が行われます。患者さまが獲得した機能・能力を医師・看護師に伝え、日常生活の中で実践するための情報交換の場としています。整形外科回診に週1回同行し、同科のすべての入院患者さまに関する情報交換をしています。

近年は以前より退院時期が早くなっており、ソーシャルワーカーとの連携により、退院後の生活に合わせた目標を設定しています。

現在、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士が毎週1回集まり、栄養サポートチームとして入院患者さまの食事や栄養に関する問題に取り組んでいます。また、依頼があれば、がん在宅支援療養プログラム(栄養サポートを主とした1週間の教育入院プログラム)の一環として理学療法士による動作能力・運動機能の評価および個別指導、糖尿病等の教育入院中の患者さまに対して理学療法士による運動指導をさせていただいています。

学術活動・研修への参加および最新の医療への取り組み

既存の評価・治療だけでなく、日々進化する医療を取り入れるよう学術活動・研修に参加しています。研修会後に他のスタッフに伝達し、チームとして質の向上を目指しています。今後、積極的に活用しようと考えている機器による評価を紹介します。

運動器超音波エコー

運動器超音波エコーによる評価と説明心臓や胎児の評価に良く使われる超音波画像診断装置のうち、身体の表面が特に鮮明に映るように開発されたものを整形外科と共同で購入しました。日常では触診にて判断している所見が、画像にて視覚化されるため、病態のある場所を説明することができます。
また、超音波エコーの最大の特徴は、「動きによる変化」を視覚化できる点です。どこの組織が炎症を起こしているか、運動時に骨折部位が動いてしまっていないか、縫合した腱が断裂していないかなど、病態の評価とともに、安全で効果的な運動療法の実施に役立っています。

 

学生指導を通じた人材育成

院外でご指導いただいている先生方が所属する理学療法士養成校より臨床実習生を受け入れています。指導を通じて、スタッフの知識向上、指導能力の向上を図っています。また、養成校の先生方からも高度専門的な理学療法をご教授いただく機会を得ています。

実習生 受け入れ人数(平成27年度)

養成校5校(県内2校・県外3校)より計9名(うち5名は7週間以上の総合実習)

スタッフ紹介

 病棟再開、整形外科医師の1名増などによる理学療法実施数の増加に合わせて平成28年より理学療法士4名を増員し、理学療法士8名・作業療法士1名・言語聴覚士1名となりました。治療に専念できるように事務員1名、助手1名が所属しており、合計12名で運営しています。
 ※作業療法士は一時休職中

リハビリスタッフ

主な所属学会・認定資格・関連団体役職

日本理学療法士協会会員(猪田・西森・川端・服部・田中・竹内・岸田・藤澤)
日本言語聴覚士協会会員(正木)
日本理学療法士協会 運動器専門理学療法士(猪田)
日本肩関節学会準会員(猪田)
日本整形外科超音波学会準会員(猪田)
日本糖尿病療養指導士(川端)
3学会合同呼吸療法認定士(竹内)
整形外科リハビリテーション学会会員(猪田・服部・岸田)
整形外科リハビリテーション学会 認定指導員・評議委員・三重支部代表世話人(猪田)
福祉住環境コーディネーター2級(田中)

主な学術活動

  1. 著書(共著)
    • 整形外科リハビリテーション学会(編):関節機能解剖学に基づく運動療法ナビゲーション(上肢・体幹編および下肢編)改訂第2版,
      メジカルビュー社, 2014.
      ※猪田が2冊で計29ページ執筆
    • 中図健(編):下肢運動器疾患の診かた・考え方,医学書院,2016.
      ※猪田が約40ページ執筆
  2. 学術活動
    • 日本理学療法学術大会 2演題(2008・2010年 猪田)
    • 整形外科リハビリテーション学会 学術集会 5演題(2006・2007・2008・2010・2014年 猪田)、シンポジスト(2010年 猪田)、シンポジウム座長(2015年 猪田)
      ※すべて同学会誌に掲載
    • 第27回整形外科超音波学会 演題発表(2015年 猪田)
    • 第31回東海北陸理学療法学術大会 演題発表(2015年 川端)
    • 第20回三重県理学療法学会 学会長(2009年 猪田)
    • 論文掲載 猪田茂生・林典雄・佐藤昌良:浅指屈筋腱弓における正中神経障害が疑われた手指の運動時痛を呈した症例の理学療法経験.理学療法ジャーナル47(5):457-461,2013.
      ※他に、東海北陸理学療法学術大会・三重県理学療法学会 座長、整形外科理学療法・介護予防・介助技術等の院外講師・実技指導、市民公開講座 講師等 複数あり

実績

月別実施単位数の推移(平成28年4月~平成29年3月)

月別実施単位数の推移

※作業療法は一時休止中

疾患別理学療法実施単位数(2017年3月)

疾患別理学療法実施単位数